歯の痛みや出血、違和感を感じてご来院された際には、まず一般歯科でカウンセリングと検査を行い診断いたします。検査結果を分かりやすく丁寧にお伝えし、コミュニケーションをしっかり取った上で、不安な気持ちを取り除いていただいてから進めていきます。治療を進める上での不安やご要望などございましたら、どんな小さなことでもお気軽にご相談ください。
※応急処置が必要な場合は先に、治療を行います。

虫歯進行のメカニズム

虫歯とは、歯が虫歯の原因であるミュータンス菌が作り出す酸によって歯が溶けてしまう事です。 これを脱灰といいます。しかし健康な歯は、ただ溶け続けるだけでなく、自然に元に戻ろうとする力があります。これを再石灰化といいます。 普段は脱灰、再石灰化をくりかえしているので、このバランスがしっかり取れていれば、虫歯は進行しません。
 

しかし 、毎日歯をきちんと磨いていたのに虫歯になってしまった…。そのような経験をされた方も少なくないでしょう。このようなケースは、ご自身ではしっかり歯磨きを行っているつもりでも、磨き残しがあり虫歯になってしまっているのです。そしてこれを放っておくとさらに内部へ広がっていき、どんどん虫歯が進行していきます。そのため当院では、定期検診で磨き癖などを確認し、正しいブラッシング指導を行っています。また、歯茎の間の溝(歯周ポケット)まで磨ける特殊な器具を使用して清掃するP.M.T.Cや歯を強くするフッ素塗布なども虫歯予防に効果があるといわれています。

虫歯がひどくなる前に。放っておくと大変なことに…

虫歯は英語「Caries」の頭文字に番号をつけて進行状態を表します。番号が大きくなるほど虫歯は大きく治療も困難になっていきます。最悪の場合は抜歯をしなければならないケースもあります。大切な歯を失う前に、早期治療を心がけましょう。
 
歯に小さいくぼみが出来ていますが、歯の象牙質や神経までは進行していませんので痛みは特に無い状態です。 虫歯に犯された部分を削り取り、その部分を金属や樹脂で塞ぎます。
虫歯が象牙質の大部分まで進行しています。歯の痛みを感じる状態です。キリキリしたり、冷たいものを口にするとしみたりします。虫歯に犯された部分を削り取り、削った部分を詰め物がしやすいように形を整えます。この時点で治療すれば神経をとらずに済みます。
虫歯が歯の神経(歯髄)まで進行しています。歯の痛みをかなり感じる状態です。ここまで進行してしまうと神経を取らなければいけないでしょう。歯に栄養を与える神経が無くなると歯はもろくなり、欠けやすくなります。
虫歯が完全に進行してしまい歯の根しか残っていません。顎の骨まで虫歯が進行しているとひどく痛んだり腫れたりします。抜歯をするか、症状によっては根管の治療を行ないます。こうなる前に急いで治療しましょう!
24時間受付中 ネット予約
24時間受付中 ネット予約
 
ページの先頭へ