若泉歯科クリニックでは、患者様にしっかりと治療方針をご説明した上で、診療に入ります。担当歯科医をはじめスタッフと信頼関係を築き、より身近なクリニックを目指していますので、ご不安な点や疑問に感じたことはお気軽にお尋ねください。
 

歯の治療に際して、大きな不安要素となる「痛さ」。これが軽減されると、歯の治療はかなり楽になります。歯科治療で痛い過程といったら何でしょうか。いくつかあるかと思いますが、その中の一つに「麻酔」があります。
麻酔の痛みというのは主に2つから生じます。

針を刺すときの痛み
薬液を注入するときの痛み


針を刺すときの痛みは、表面麻酔というジェルを歯茎に塗ることで、できるだけ痛みを和らげています。 薬液を注入するときの痛みに関しては、アネジェクトⅡというコンピューター制御式麻酔注射機を使用することにより、薬液の注入量がはじめはゆっくりと、少しずつ注入速度が上がっていくので、痛みを感じにくくなるのです。麻酔時の痛みがほとんどないだけでなく、効きがよく、麻酔量も少なくてすみます。


麻酔の効きが弱いときは遠慮なくおっしゃってください。決して我慢させて無理矢理削ったりはいたしません。麻酔を追加したり、効くまでに時間をおいたりして痛みがなくなってから治療いたします。




私たちはコミュニケーションを大切にし、じっくりと時間をかけて患者様のご相談をお伺いいたします。患者様との対話を通じて有効なアドバイスや信頼のおける治療方法を考え、ご提供できるよう取り組んでいます。

ご自分では見えにくいお口の中を小さなカメラで撮影し、モニターで確認していただきます。虫歯や歯茎が腫れているところなど、わかりやすく説明させていただきます。
患者さんは治療を受けるうえで、自分はどういう状態でこれからどういった治療が行なわれるかなどを最も知りたいと思います。若泉歯科クリニックでは、患者様に症状や治療計画をよりわかりやすく説明できるよう、虫歯や歯周病など各症状と治療の流れをわかりやすいアニメーションで紹介するメドバイザーデンタルを導入しています。
患者さまの現在の症状に対して、今後どのような治療をしていくのかを動画や3D画像を使って説明します。映像を見ながら説明を聞けるので、治療方法がより明確になり安心して治療を受けていただけます。



歯科治療を行う前には十分な検査を実施し、情報を収集します。より精度の高い検査により、安全性の高い治療を行うよう心がけています。また高度な治療にも対応できるよう最新の機器を導入しています。

若泉歯科クリニックでは、スリッパに抵抗のある方、ブーツの方、お子様の靴を脱がせたりはかせたりに苦労されるお母様がたのために、院内は完全に土足でお入りいただけます。
また車いすの方や、ベビーカーの方がそのまま入ってこられて院内のどこでも行けるように完全バリアフリー設計となっております。
院内感染防止を徹底するため、治療に使用する器具はオートクレーブと呼ばれる高圧蒸気滅菌器で滅菌処理を行い、オートクレーブで滅菌できないものについては薬液による滅菌消毒を行っています。そして、滅菌した器具は個別にパッキングを行い保管し、治療の際に開封し安全性を保っています。

また、歯を削る際に用いるタービンの衛生面については、さらに特別な装置を2つ用いております。実際、上記のオートクレーブのみでは滅菌工程に約50分かかり、多くの数を必要とするタービンを、次の患者様に間に合わせることができません。 しかし、当院では高速滅菌器(ステイティム900J)を導入することにより15分程度で全ての滅菌工程を行える体制を整えております。

その為、タービンを患者様毎に交換する事が可能になります。 また、タービンの滅菌処理前の洗浄も、とても大切な作業となります。 洗浄が充分行われていないと滅菌自体が不十分なものとなってしまうからです。
当院の歯科用ハンドピースメインテナンス装置(iCare)は、ドリルの内部の汚れや感染物質を徹底清掃する機能をもち、高い注油、洗浄効果を発揮します。
当院は安全で安心できる歯科外来診療の環境整備について、厚生労働省の指定した安全基準『歯科外来診療体制』をクリアしております。
安心してご来院ください。
従来のフィルム使用の機器に比べて、人体に受ける放射線量が少なく、体に負担をかけることなく診断できます。
初期虫歯の治療や歯周炎治療、歯ぐきのメラニン色素の除去、口内炎治療等さまざまな症例に使用出来ます。
空気中に浮遊する細菌や悪臭のもとなどをカプセルに封じ込め消滅します。院内の空気をキレイに循環させます。

24時間受付中 ネット予約
24時間受付中 ネット予約
 
ページの先頭へ